ResQ AIサポート

取扱説明書やアプリダウンロード、よくお寄せいただくご質問など

ResQ AIに関する最新のサポート情報です。
こちらはResQ Band、ResQ Live等を、すでにお使いのお客様用のFAQです。
これからご検討いただくお客様は、お手数をお掛けしますが お問い合わせフォームからご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。
お問い合わせフォーム

ResQ AIサポートメニュー
1.バージョンアップ情報
2.不具合情報
3.ResQ Band取扱説明書ダウンロード
4.スマホ専用アプリ「ResQ Live」のダウンロード
5.よくお寄せいただく質問(FAQ)
6.お問い合わせ窓口(メール)

サーバーのメンテナンス情報は現在はありません。決まり次第、メールまたはこちらでご連絡いたします。

1.バージョンアップ情報


スマホアプリ「ResQ Live」、「ResQ Platform」のバージョンアップ情報です。

◆2021年9月28日バージョンアップ内容(予定)

対象システム:ResQ Platform/ResQ Live  対象者;スタッフ、ユーザー

1)スタッフ(管理者)へのアラートメールの配信開始

管理(所属)しているエンティティにて、レッドゾーン測定値のユーザーがいた場合、スタッフ(管理者)のアカウントのメールアドレス宛にアラートメールを配信いたします。

※ゲージ設定はこれまで通りエンティティ管理者が自由に行っていただけます。
※ResQ Platform バージョン;1.2.0 (本アップデートよりPlatformのバージョンをご確認いただけるようになります)

2)iPhone用ResQ Live利用者へのプッシュ通知配信開始

所属しているエンティティのレッドゾーンの測定値であった場合にResQ Liveを通じてプッシュ通知を行います。

※Android用ResQ Liveのプッシュ通知機能実装については別途ご連絡をさせていただきます。                      
※iPhone用ResQ Liveプッシュ通知は現在App Storeで公開中の最新バージョン1.2.3.にてご利用いただけます。すでに1.2.3.をご利用のユーザー様は再インストールの操作は必要ございません。

記載日:2021.09.21 ※最新情報に随時更新いたします。

2.不具合情報

ResQ Band非装着にもレポート画面 間隔「Daily」(「日」)にて値が表示される
原因  ;ResQ Bandの仕様により未装着時に測定データが送信されております。そのデータが誤って値として記録されるケースがございます。
対応状況;ResQ Bandの仕様に起因する不具合のため、製造元へ修正を依頼をするとともに社内でも対応策を検討しております。
皆様には、ご不便をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。
改善まで、今しばらくお待ちいただきますよう何卒お願い申し上げます。

3.ResQ Band 取扱説明書ダウンロード


以下から、ResQ Bandの取扱説明書がダウンロードいただけます(画像をクリックするとPDFが開きます)。

◆最新版(第2.1版・2021年8月)

◆取扱説明書・第1版をお持ちのお客様へ

内容の一部訂正がございます。お手数ですが以下の訂正版をご覧ください。


4.スマホ専用アプリ「ResQ Live」ダウンロード

スマホ専用アプリ「ResQ Live」は、それぞれ以下からダウンロードいただけます。

<動作条件>◆iPhone 6s以上(iOS 13以上) または  ◆Android OS 9.0以上 

iOS

Download on the App Store

Android OS

Google Play で手に入れよう


5.FAQ ~よくお寄せいただく質問~

以下について、よくお寄せいただく質問を掲載いたしました。(画像をクリックすると該当のFAQにジャンプします)

バイタル測定リストバンド
「ResQ Band」について

ResQ Band

スマートフォン専用アプリ
「ResQ Live」について

ResQ Live

クラウドシステム
「ResQ Platform」について

ResQ Platform

その他


ご導入メリットについて
レンタルについて



バイタル測定リストバンド「ResQ Band」 について

以下の1,2,3の順に、お試しください。
1)通信状況のご確認
(ア)Bluetooth機能、
(イ)モバイルデータ通信
(ウ)GPS
がONになっているかご確認いただいたのち、ResQ Live画面の「データ同期」をタップしてください。

2)上記ア、イ、ウがすべてONになっている場合は、ResQ Liveから一度ログアウトしていただき、再ログインしてください。

3)上記2を行ってもデータ送信ができない場合は、大変お手数ですが、一度アプリを削除、再インストールをお願いいたします。

ResQ Bandでは、以下の項目を測定することができます。
(1)皮膚温

(2)血中酸素濃度

(3)心拍数

(4)呼吸数

(5)mmHg度

(6)各種運動*

(7)睡眠*

(8)歩数*

*(5)(6)(7)(8)は現時点ではResQ Live(専用アプリ)と連動しませんが、ResQ Bandでの表示は可能です。任意でお使いいただけます。詳細はこちらのページ(ResQ Band測定項目の詳細)をご確認ください。

ウェアラブルデバイス(ResQ Band)に5日分の、5日分のデータを溜められること、および溜まった5日分のデータを取得できることを確認しております。

データ送信頻度は10分です。

生活防水です。入浴や、水に浸る場面でのご使用はお控えください。
法人様にはレンタルでのご提供を行っております。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

15分おきの計測を行っております。
ただし「温度感知部分」と「受光窓」を、肌に密着していない時間は計測できないこともございます。あらかじめご了承ください。
・ResQ BandはIP、IP68*の 防水・防塵機能 を搭載しています。 雨や汗に強いので屋外のスポーツ時でも安心して使用できます。
・洗剤やアルコールなど水以外の液体の混入、水蒸気や流水ついての耐性については保証対象外となります。
・入浴やシャワーの際は外してください。手洗いの際には水流が直接ResQ Bandに当たらないようにしてください。

※IP68……IPとは、 国際電気標準会議(IEC)の定める保護等級。 IPの後(ResQ Bandは6)が人体と固形物に対する等級を、 その後ろ(ResQ Bandは8)が水の侵入に対する等級を表します。 6等級の防塵性能は最もレベルが高く「粉塵が内部に侵入しない」とされており、 8等級の防水性能は最高レベルとされております。

はい。ResQ Bandのご提供は、対応するスマートフォンアプリ「ResQ Live」との連携を前提とさせていただいております。
基本的には、就寝時も装着をしていただければ見守りができるので安心ですが、ご自身の生活や体調に応じて、適宜外しても構いません。また入浴時など水濡れの恐れがある場合は、故障の原因となりますので外していただきますようお願いいたします。
以下のスマートフォンが対応しております。
◆iPhone 6s以上(iOS13以上) または  ◆Android OS 9.0以上 


スマホ専用アプリ ResQ Live について

以下の1,2,3の順に、お試しください。
1)通信状況のご確認
(ア)Bluetooth機能、
(イ)モバイルデータ通信
(ウ)GPS
がONになっているかご確認いただいたのち、ResQ Live画面の「データ同期」をタップしてください。

2)上記ア、イ、ウがすべてONになっている場合は、ResQ Liveから一度ログアウトしていただき、再ログインしてください。

3)上記2を行ってもデータ送信ができない場合は、大変お手数ですが、一度アプリを削除、再インストールをお願いいたします。

以下のスマートフォンが対応しております。
◆iPhone 6s以上(iOS13以上) または  ◆Android OS 9.0以上 
可能です。以下の方法にてご確認ください。
1)ResQ Liveを開く
2)画面下端の「レポート」をタップ
3)表示させたい計測項目をタップ
4)グラフの上にございます「<」のアイコンをタップ
5)過去のデータをご確認いただけます。
※間隔は時、日、週、月、年からお選びいただくことが可能です。


データ管理システム ResQ Platform について

PCの「ResQ Platform」でデータを確認するには、「ResQ Band」のエンティティに追加されている必要があります。以下のに手順でエンティティ登録をお願いします。

1)画面下「プロフィール」を開きます。

2)赤字の「バンドデ―タ共有先」をタップ。

3)お使いのResQBandを追加します。

現状は(1)皮膚温、(2)血中酸素濃度です。近日中に追加予定です。
ResQ Platformの管理画面より、CSVデータの出力が可能です。

左側メニューの「レポート」から、出力したいデータを選択し、以下の画面で「日」「週」など間隔を選んでから、「CSVダウンロード」ボタンをクリックして下さい。

あくまでもご利用者の同意をいただいたうえでとなりますが、総務課など管理部門のスタッフの皆様を想定しております。
個人情報保護の観点から、すべてのデータを参照できる立場は「産業医」とし、総務課など管理スタッフの皆様には、「予め設定いただいた測定値から外れた方の名前のみを表示する機能」も検討しております。
医療機器認定を考えているのはResQ AIのうち、「トリアージAI」の部分をソフトウェアとして承認を得る計画です。ResQ Band単体で、承認を取得する計画はありません。

「トリアージAI」は、ResQ Bandからの全ての測定データ、及び問診表の内容をもとに特定の疾患(現在の医療機器認定をめざしているのは新型コロナウィルス感染症)のリスクスコアをAIで解析し表示するソフトウェアです。

ResQ Bandは、現状は医療機器認定を受けておらず、今後も医療機器認定を受ける予定はございません。フィットネス目的の測定機器としてご認識いただければ幸いです


その他

法人様にはレンタルでのご提供を行っております。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

ご利用者の皆様は、日々の健康データを測定することにより、身体の状態を把握することができます。
これにより、ご自身でも見過ごしがちな不調を早期にキャッチすることが可能です。
導入企業様においては、従業員の皆様のバイタルデータ共有を行うことで、より効果的なクラスタ対策を行うことができます。
あくまでもご利用者の同意をいただいたうえでとなりますが、総務課など管理部門のスタッフの皆様を想定しております。
個人情報保護の観点から、すべてのデータを参照できる立場は「産業医」とし、総務課など管理スタッフの皆様には、「予め設定いただいた測定値から外れた方の名前のみを表示する機能」も検討しております。

6.お問い合わせ窓口


FAQで解決しない場合は、お手数です以下のメールアドレスまでご連絡ください。
resq-supportad-dice.com
※お手数ですがを、半角 @ に直してお送りください。
□ 情報の取り扱いについては株式会社アドダイス のプライバシーポリシーに則ります。
プライバシーポリシー