施設管理、予兆制御®の「SEE GAUGE」

シー・ゲージ

AI/IoT時代の施設管理は「SEE GAUGE」で。

ノーコードでDXを推進し、施設管理を合理化します!

SEE GAUGE(シー・ゲージ)は、アドダイスの独自技術「ソロモン・テクノロジー」に立脚した、施設管理、予兆制御®に特化したAIです。
これまで、設備保守は多くの経験豊富な技術者により支えられてきました。しかし、少子高齢社会による担い手の不足、監視人員のコスト上昇、そして業務そのものが長時間及ぶこと、そして、その多くは緊急性を伴い身体的にも負担をかけるものであること、さらに設備管理に対するニーズも多様化しており、その体制維持は極めて難しい状況です。

センサーデータと「人による感覚的操作」を組み合わせてAIが学習

SEE GAUGEが行う「予兆制御®」とは、既設のセンサーデータと「人による感覚的な操作」を組み合わせてAIが学習。事象が起きる前に予知しながら、環境に対して適切な介入を可能とする「AIの予測に基づく制御」を行います。これによって空調管理を自動制御するだけでなく、設備の不具合などの兆候を捉え、予知することが可能になります。
これにより、故障などにも先手を打った対応ができますので、人には予測もつかない突発的な設備故障への緊急対応や休日出勤もなくなり、管理コストを低減。合理的な施設管理運用を実現します。さらに人の経験値に基づくオペレーションもAIが学習し自動化できますので、継承が困難な人頼みのスキルを数値化でき、人員不足や経験値不足の悩みからも解放。人口減少時代の強い味方となります。

既存システムに「後付け」導入だから負担が少ない

SEE GAUGEは、SaaS方式のAIサービスですので、既存の施設管理システムに後付けするだけ。温度などのセンサーも既設のアナログ計測機器を活かし、より少ない負担で導入が可能です。

しかも最先端のAIでありながら、ノーコードで使えるやさしい操作性と、新たな機器に入れ替える負担なく導入できるフレキシビリティを備えています。施設管理の担当者が画面や機器を監視し続け、人の感覚に頼って行ってきた業務を根底から改革し、DXを推進。人にも施設にも負担なく、未来を拓くテクノロジーです。

設備保守業務のAI化により実現できるDX推進

SEE GAUGEが解決する課題


SEE GAUGEの特長

【特長①】施設管理をノーコードでDX!
【特長②】制御機器PCの操作を「自動制御AI」で自動化!
【特長③】自動チェックと制御で業務効率化、省人化を実現!
【特長④】ベンダーフリーでアドオンが可能!

詳細は、ページ最下部の「お問い合わせボタン」から、お気軽にお問い合わせ下さい!

SEE GAUGE導入プロセス

SEE GAUGEは、いまお使いのシステムに「後付け」でお使いいただけますので、お客様にAIやシステムの専門的な知識は不要です。アドダイスのデータサイエンティストが、コンサルティングとサポートを行います。まずはご相談ください!

SEE GAUGE関連情報

SEE GAUGEご採用の事例です。あわせてご覧ください!
【プレスリリース】相鉄ジョイナスの施設管理に、アドダイスの自律型AI、 予兆制御®AI「SEE GAUGE(シー・ゲージ)」採用!

SEE GAUGEについて、お気軽に以下からお問い合わせください!