1. HOME
  2. 会社案内
  3. 企業理念

会社案内

Company

企業理念

philosophy

会社概要・企業理念

AIで感動を伝える。

アドダイスは、独自技術「SoLoMoN®テクノロジー」によりAIのコアプラットフォームを開発、それを基盤とする「自律型AI」から、ソリューションをパッケージ化し、顧客に提供する事業を推進する企業です。

私たちはSoLoMoNテクノロジーで様々な社会課題を解決し、すべての人に「感動」を伝えます。

CONTENTS
1.SoLoMoN Technology
2.自律型AI
3.ソリューション
4.AIで感動を伝える

1.SoLoMoN Technology

ソロモン・テクノロジーロゴ

※SoLoMoN® Technology(特許第6302954号)

SoLoMoNテクノロジーは、アドダイス独自のAIコアプラットフォーム技術です。

2015年、現場の匠たちが「勘と経験」で行ってきた状態管理のAI化を図るべく、そして真に現場で使えるAIを生み出すべく、私たちの独自技術を「SoLoMoNテクノロジー」名づけ、世に送り出しました。

「SoLoMoN」とは、以下の頭文字をとったものです。

Social 社会と個人、モノの代わりをつなぐ情報とその関連技術
Loaction 位置情報と関連技術
Mobole & Module センサーとそれを搭載するデバイス、関連する通信技術
Network すべてをネットワークで連携させる技術

ソロモン・テクノロジーイメージ

ソロモンとは、旧約聖書で「知恵」の象徴として登場し、言葉を持たない動物たちとも対話できたという「ソロモン王」にも、なぞらえたネーミングです。

人間の可能性は、無限。でも、与えられている時間は有限。
それにも関わらず、人の労働時間の多くは反復行動・判断で占められています。

より良き社会の実現のためには、人々の時間は、より創造的なものに充てられるべきと、私たちは考えています。

Social、Location、Mobile &Moduleで得られる、ヒト・モノ・コトに関する様々なデータをNetworkし、深層学習により自律的な状況判断と状態管理、環境管理を行うAI。これこそが、人を反復行動・判断から解放し、より良き社会の実現につながる道筋を切り拓くものであると、私たちは確信しています。

アドダイスは、SoLoMoNテクノロジーに立脚するAIで、より良い社会の実現を目指します。

2.自律型AI

2-1.自律型AIとは

SoLoMoNテクノロジーから生まれたAIを、私たちは「自律型AI」と名付けました。

では「自律型」とは、なんでしょうか?

人間の自律神経は、内臓活動や体温などを正常に保つために、身体の状態を見守り、調整し、必要に応じて警告を発するなど24時間働いており、そのおかげで人間は生命と健康を保つことができます。しかし普段、私たちは自律神経の存在を意識することはありません。

SoLoMoNテクノロジーから生まれたアドダイスのAIは、あたかも人間の自律神経のような「社会の自律神経」となる働きをすることから、「自律型AI」と名付けました。

「自律型AI」は、状態を常に見守り、調整し、異常の予兆があれば警告を発します。その存在を普段は全く意識することはなくても、社会を正常に維持していくために欠かせない社会基盤となることができるAIなのです。

自律型AI

2-2.自律型AIの特長

では、自律型AIは、どんな特長があるのでしょうか?
ふつうのAIとは、何が違うのでしょうか?

一般的にAIとは、人の行動や判断をシステム化…DX(Digital Transformation)するものです。そして人の行動や判断をAIに学習させ、運用していくプロセスは、AIの「深層学習(Deep Learning)」によりなされます。

しかし、ここに障壁が潜んでいます。

深層学習を行うには、AI化をしようとする現場を熟知した知識や技術に加え、AIそのものについても深い理解と高い技術を持つ「データサイエンティスト」の存在が欠かせません。

つまりAIでDXを推進するためには、「ベテラン現場スタッフ兼データサイエンティスト」が必要なのです。

現場のプロ兼データサイエンティスト

現実的にこんな人材はいません

おわかりの通り、現実的にそういった人材はほぼいません。

いたとしても、データサイエンティスト不足が常態化しているいま、自社にとどめておくことも、新規に雇用することも難しいでしょう。これが様々な分野で、DXの大きな障壁となっています。

アドダイスの「自律型AI」は、この障壁を打ち破りました。自律型AIは、深層学習をデータサイエンティストなしに行うことができます。なぜなら自律型AIは、「ブラウザに表示されるゲージのツマミ(スライダー)操作」だけで深層学習が行えるからです。

スライダー操作で深層学習

スライダー操作で深層学習(イメージ)

これこそがSoLoMoNテクノロジーであり、アドダイスのソリューションが「ノーコード、プログラムレス」を謳う所以です。

一般的なAIではブラックボックスになっており、データサイエンティストでなければ理解できないAIの中味を、SoLoMoNテクノロジーが「観える化」しているのです。

つまり自律型AIなら、ブラウザさえ操作できれば、「現場の人自身だけで、AIによるDXが可能」なのです。

現場のプロだけでDX

現場スタッフだけでAIの導入、運用が実現する

ちなみに機器的にはPCさえあればよいので、専用サーバーやシステムも必要ありません。SaaS方式ですので、高額な初期費用も不要。すぐに始められ、使った分だけ支払えばよく、不要になったらすぐに止めることができます。

Enhance human with SoLoMoN。「人の能力を SoLoMoNで増強する」…自律型AIが、人の「勘や経験」といった言葉にならないスキルやノウハウを学習しDXすることで、人手不足問題を解決、人を単調な反復作業から解放します。

3.ソリューション

アドダイスは、SoLoMoNテクノロジーに立脚そた自律型AIをパッケージ化し、4つのソリューションとしてご提供しています。
いずれも導入しやすいSaaS方式です。
画像AI HORUS AI(ホルス)
健康・生命AI ResQ AI(レスキュー)
制御AI SEE GAUGE(シー・ゲージ)
養蜂AI Bee Sensing(ビー・センシング)

4.AIで感動を伝える

2022年のいま、国民の4人に1人が75歳以上の後期高齢者となる「2025年問題」と呼ばれる年まで、残り3年を切りました。

「超高齢社会」に突入した2007年頃から、国、医療、社会保障、財政など様々な分野に影響が出ると警鐘が鳴らされて来ましたが、中でも最も深刻と言われているのが、「労働力人口の不足」です。

これまで大量の仕事は、長時間労働や新規雇用など人頼みで乗り切ってきました。
しかしこれからは、確実にそうはいかなくなります。

労働力不足は、社会の活力低下、GDP低下、国際競争力低下など負のスパイラルを日本にもたらしはじめています。

誰もが生きる幸せ、はたらく喜びを感じられる社会を、明るい未来を次の世代につなげて行くために、私たちにいまできることは何か?

この社会課題を、私たちはSoLoMoNテクノロジーで解決しようとしています。
これまで、人が勘や経験で行ってきた様々な作業、判断を、自律型AIが肩代わりします。

大量の同じ作業の繰り返し、長時間の拘束。
人が辞めていき採用は難しいのに、増える仕事、求められる質的向上。
その人にしかできない熟練者の仕事、なかなか育たない後継者。

それらをAIが肩代わりすることで、人は繰り返しや長時間労働などから解放され、より付加価値の高い仕事に取り組む余裕が生まれ、ゆとりと自信を持って働くことができます。

そしてそこには確実に、「感動」が生まれます。
これこそが、「AIで感動を伝える」という私たちの企業理念なのです。

テクノロジーの力で、今まであきらめていたことが実現していく。
できないと思っていたことが、できるようになる。ここに、感動が生まれます。

アドダイスはこれからも、AIで感動を伝えて参ります。

アドダイスへのお問い合わせ、資料のご請求、取材のお申し込みなどはお問い合わせフォームから、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム