1. HOME
  2. 会社案内
  3. 沿革

会社案内

Company

沿革

2005年
1月24日 「ITで感動を伝える」をモットーに「アドダイス」創業
2008年
このころよりAIの研究を開始
2009
3月29日 文京区本郷に本社移転
2010
3月8日 プライバシーマーク取得
11月 SoLoMoNコンセプト」を提唱開始
2011
8月31日 「株式会社」に商号変更
2012
SoLoMoNの特許出願
SoLoMoNデバイスのコンセプト実装。事実上の第2創業
2013
11月 JETRO海外進出企業選定
12月 UCSY(ミャンマー工科大学)に、ad-fluを教材として提供
2014
8月 SoLoMoN device 試作開始
2015
3月 本社移転。東京都台東区上野5丁目4番2号 IT秋葉原ビル1階
3月 Bee Sensing(ビーセンシング)」リリース
取り付けるだけで既存事業をIoT AI化する「SoLoMoNデバイス」を養蜂に応用したソリューション。
3月 「Bee Sensing」が、 KDDI ∞ Labo(KDDIインフィニティラボ)の8期に採択される。
3月 資本金を1,500万円に増資
5月 独自AI特許取得 「管理システム及び管理方法」特許630295420161月
6月5日 RobiZy設立総会にて、CEO伊東大輔が「IoT×AIアドバイザー」に就任
9月 ひろしまIT融合フォーラム」採択
11月 「ReadyForローカルビジネスチャレンジ賞」受賞
11月 「Microsoft社 BizSpark Plus」採択
12月12日 CEO伊東大輔が、広島情報産業協会、IoT特別研究会でAI講演
2017
3月 SEE GAUGE(シー・ゲージ)」リリース
「SoLoMoNデバイス」による施設管理、予兆制御ソリューション
6月19日 「SoLoMoN Labo」開設。東京都千代田区外神田6-3-6  MKビル3F
2018
3月 特許取得。管理および管理技術
4月 モンゴルでのインターン開始
4月 CEO伊東大輔が「RobiZyロジスティクス部会」の座長会社に就任。WG開始
7月 愛媛県のAIアドバイザリー実施
8月 CEO伊東大輔が「スマート工場のしくみ(日本実業出版社)」のAI編を執筆
8月 HORUS AI(ホルス・エーアイ)」リリース
「SoLoMoNデバイス」を、外観検査、目視検査、画像検査に応用したソリューション。
2019
2月 AIサプライチェーン構想を発表
2020
2月 Plug and Play」京都バッチ採択
2月 CEO伊東大輔 広島大学客員教授に就任
4月 新型コロナウイルスの感染拡大状況に鑑み、「COVID-19-ResQ」プロジェクト立ち上げ。
CEO伊東大輔が発起人