1. HOME
  2. お知らせ
  3. IDB・米州開発銀行「高齢化する社会の課題解決策のコンテスト」にて、日本のスタートアップとして唯一、選出!

お知らせ

News

プレスリリース

IDB・米州開発銀行「高齢化する社会の課題解決策のコンテスト」にて、日本のスタートアップとして唯一、選出!

株式会社アドダイス(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:伊東大輔)は、2021年10月5日(火)、IDB Labが実施する「シルバーエコノミーチャレンジ(Silver Economy Challenge :高齢化する社会の課題解決策コンテスト)」において、日本のスタートアップとして唯一、選出されました。

IDB Labと中南米地域の高齢者に関する課題

IDB Labは、IDB・米国開発銀行グループの中で、中南米地域における人々の生活水準向上を目的とし、革新的な開発支援アプローチのために開発資金やノウハウを提供しています。世界から40ヶ国が加盟しており、日本は上位の資金拠出国です。

現在、中南米地域では高齢化が急速に進展しています。さらにコロナ禍を受け、経済的に大きな打撃を受けており、貧困層の増加や所得格差の拡大、また高齢者に関しては、ロックダウンによって医療や介護のコミュニティから分断される、その結果フレイル・老衰が加速してしまうなどの課題を抱えています。

今回のIDB Lab「シルバーエコノミーチャレンジ(Silver Economy Challenge :高齢化する社会の課題解決策コンテスト)」は、これら高齢者支援として有望な事業を展開するスタートアップを選出するため、開催されました。アドダイスは、同コンテストの「カテゴリーB(現地法人の無い域外にある連携推奨スタートアップ企業)」において選出を受けました。

アドダイス選出の理由

アドダイスは、独自技術「ソロモン・テクノロジー」に基づいたAIをSaaS形式で提供し、社会課題の解決に挑むスタートアップです。新型コロナウィルス感染拡大を受け、2020年春より「COVID-19-ResQプロジェクト」を起ち上げ、大学、医療機関などと連携し健康・医療AIの開発に着手。現在ではリストバンド型IoTデバイス「ResQ Band」を実用化し、AIと連携した健康・医療のソリューションを展開しています。

このソリューションは、国内においてはすでに愛媛県久万高原町・町立病院における地域高齢者の健康見守り、製造業など現場業務のクラスター対策、運輸業におけるドライバーの健康見守りなどに導入実績があり、今後も健康経営、クラスター対策に関心の高い企業・団体への普及を見込んでいます。

今回の選出は、このAIソリューションによって、リモートで在宅の高齢者を見守り、医療・介護サービスにリンクすることで、効果的・効率的に健康管理ができる点が高く評価されました。アドダイスは今回の選出を通じて、国内のみならず、ResQ AIの国際的な展開にいっそう力を注いで参ります。

以上

<参考資料>
・IDB Labの公式サイトで、アドダイスの選出が紹介されています。
IDB Lab シルバーエコノミーチャレンジ(英文)

・アドダイスの中南米地域展開に関しては以下もご参照ください。
「コロナ禍における高齢者ケア」というグローバルな課題に応えるために

プレスリリース【9/28火】アドダイス、JETRO推奨企業としてコロナ禍の南米市場に、健康管理と医療のAI<ResQ AI>を紹介!

メディア掲載情報 電波新聞に、「ResQ AI」ブラジル展開の記事を掲載いただきました!

英語版ヘルスケアAI(ResQ AI)紹介動画

【OiWeek】LIFESTYLE AI PROVIDES THE ULTIMATE INDIVIDUAL CARE

・健康・医療のAI「ResQ(レスキュー) AI」については以下をご参照ください。

アドダイスのヘルスケアAI「ResQ AI」

【プレスリリース】アドダイス、愛媛県・久万高原町立病院と共に「バイタル測定スマートウオッチ+AI」を活用した健康見守りの実証実験をスタート!

株式会社アドダイスについて
アドダイスは、社会が直面する問題をITで解決し、普及に取組み、新時代のテクノロジーを社会実装するべく、AIデータサイエンティストと医師らによって設立されたスタートアップです。

独自技術「ソロモン・テクノロジー(特許第6302954)」を有し、学習によって成長し、新たな環境への適応学習を続ける「自律型AI」を開発。健康、医療、製造、運輸、養蜂など各産業分野で高い成果を上げています。

株式会社アドダイス 代表取締役CEO 伊東大輔

<会社概要>
株式会社アドダイス
代表者:伊東大輔 代表取締役CEO
住所:本社 〒110-0005 東京都台東区上野5-4-2  IT秋葉原ビル1階 
   SoLoMoN Labo 〒101-0021 東京都千代田区外神田6-3-6 MKビル3F
電話:TEL 03-6796-7788(平日10:00~17:00)
設立:2005年(平成17年)
事業内容:人工知能を用いた業務管理サービスの提供・導入支援コンサルティング
ゲージのツマミ(スライダー)でAIを調整できる「SoLoMoNテクノロジー」に基づくAIサービスを提供しています。環境の中で振る舞う個体の予兆制御する独自特許AI技術(特許6302954)です。個体および周辺環境についてのセンサーデータ、および人の観察と介入のデータを総合しAIで継続的に追加・再学習しながら個体および環境を予兆制御する技術です。
【生命AI】・健康管理向けのResQ AI・生物の飼育管理 養蜂向け BeeSensing
【産業AI】・画像解析に特化したHORUS AI・施設管理向けのSeeGauge

アドダイスHP
Twitter
Facebook

【お問い合わせ先】
株式会社アドダイス
メール press@ad-dice.com
お電話 090-5524-0663(担当・伊東)

最新記事