1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【9/28火】アドダイス、JETRO推奨企業としてコロナ禍の南米市場に、健康管理と医療のAI<ResQ AI>を紹介!

お知らせ

News

プレスリリース

【9/28火】アドダイス、JETRO推奨企業としてコロナ禍の南米市場に、健康管理と医療のAI<ResQ AI>を紹介!

コロナ禍、超高齢化、健康経営、クラスター対策…日本と同じ課題を抱える巨大市場南米に、<ResQ AI>で切り込みます!

株式会社アドダイス(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:伊東大輔)は、2021年9月28日、JETRO(日本貿易振興機構)の推奨を受け、ブラジルのオープンイノベーションイベント「OiWeek(オイウィーク)」にて、健康管理と医療のAI<ResQ AI>を紹介いたします。

アドダイスは、独自技術「ソロモン・テクノロジー」に基づき、学習し続ける「自律型AI」をSaaS形式で提供し、社会課題の解決に挑むスタートアップです。<ResQ AI>は、このソロモン・テクノロジーに立脚したAIであり、コロナ禍および高齢化社会における、健康と医療に関する様々な課題解決を目指しています。

アドダイスはこの紹介を皮切りに、<ResQ AI>の国際的展開の足掛かりとして参ります。

◆JETRO推奨を受け、スタートアップ向けビッグイベント<OiWeek>にて登壇!

OiWeek(Open Innovation week digital)は、ブラジルを代表するオープンイノベーションイベントで、中南米最大規模のオンライン・オープンイベントプラットフォーマー「100 Open Startups」が開催しています。

今回アドダイスは、JETRO・サンパウロ事務所の推奨を受け、Oiweekで登壇の機会をいただきました。コロナ禍、急速な高齢化など日本と同じ課題を抱える巨大市場ブラジルに向けて、当社代表取締役CEO・伊東大輔が<ResQ AI>を紹介します!

Oiweek 2021・September
・日程 2021年 9/28火~9/30金
・時間 上記各日の 9:00-11:00(ブラジル時間)、21:00-23:00(日本時間)
 ※伊東の登壇は9/28火・9:00~11:00の間となります。
・方法 オンライン開催(事前登録制)、ストリーミング配信
・言語 英文のみ

※視聴いただくには事前のご登録が必要です。ご登録はOiweek公式サイトから。

IT大国、スタートアップ大国、ブラジルでの展開に挑戦!

ブラジルは人口2億人以上、世界第6位の規模を有する巨大市場です。国土も世界第5位と広大で、農業生産、天然資源も豊富。GDPは例年世界第9位~12位にランクするなど、経済活動も非常に活発です。

ITも普及が進んでおり、Google、facebook、Netflexなどの利用者数は米国に次ぐ世界2~3位、通信インフラは欧米・日本並みに整備され、スマートフォンの普及も進んでいます。

またブラジルは、「ユニコーン」と呼ばれる時価総額10億円以上の企業が10年間で10社も誕生している、スタートアップ大国です。本年6月には「スタートアップ法」が公布され、スタートアップ環境はさらに改善されました。

アドダイスはこのたびの機会を通じ、<ResQ AI>の南米市場への展開のきっかけとし、現地企業および在ブラジル日本企業等とのコラボレーション、資金調達などを目指します。

◆<ResQ AI>を南米市場に紹介する理由

日本は、世界に先駆けて高齢化が先行した国のひとつであり、医療、介護をはじめ様々な面で、高齢化に対応してきた実績を有しています。

一方、海外では、これから高齢化のフェーズに直面する国が数多くあります。特にブラジルは、いま急速に高齢化が進展している国であり、コロナ禍における高齢者の健康見守りが大きな課題となっています。

私たちは、<ResQ AI>がブラジル市場のニーズに応えるソリューションであり、大いに成長の可能性があると考えています。

◆「コロナ禍」そして「高齢化」という世界共通の課題に、<ResQ AI>で応えます!

アドダイスは、ヘルスケア市場向けに健康見守り・健康管理を行う<ヘルスケアAI>、医療市場向けに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症度・重症化リスクを提示する<トリアージAI>というソリューションを開発提供しており、その基礎技術となるのが今回出展する<ResQ AI>です。

ResQ AIは、病気になった時だけでなく、健康な時や、少し不調や異常が出てきた「未病」の状態も含め、人の生命と健康をトータルに見守り続ける「究極のオーダーメイドAI」となることを目指しています。

<参考資料>
ResQ AI 海外展開の関連情報
「コロナ禍における高齢者ケア」というグローバルな課題に応えるために

・英語版ヘルスケアAI(ResQ AI)紹介動画

・Oiweek プレゼンテーション

ResQ AI 誕生の背景
2020年春、新型コロナウィルス感染症感染拡大を受け、アドダイスが発起人となって起ち上げた、対コロナプロジェクト「COVID-19-ResQプロジェクト」。医療現場がひっ迫する中、テクノロジーでいのちを救うべく産・官・学界から有志が集結し、AIの研究を続けてきました。

2021年6月、バイタル測定ウェアラブルIoT「ResQ Band」をリリース。現在、健康・未病対策としての「ヘルスケアAI」と、医師の診断を支援する「トリアージAI」の2つの市場に分かれ展開していす。

独自技術「ソロモン・テクノロジー」
アドダイスは、独自技術「ソロモン・テクノロジー(※特許第6302954)」を有し、学習によって成長し、新たな環境への適応学習を続ける「自律型AI」を開発。製造、運輸、養蜂など各産業分野で高い成果を上げています。ResQ AIは、このソロモン・テクノロジーに立脚して開発されています。

ソロモン・テクノロジー

アドダイスは、独自技術「ソロモン・テクノロジー(※特許第6302954)」を有し、学習によって成長し、新たな環境への適応学習を続ける「自律型AI」を開発。製造、運輸、養蜂など各産業分野で高い成果を上げています。「自律型AI」とは、環境に適応し自ら成長していくAIであり、今回の<アダプティブAI>と同義です。

社会が直面する問題をITで解決し、普及に取組み、新時代のテクノロジーを社会実装するべく、AIデータサイエンティストと医師らによって設立されたスタートアップです。独自の「自律型人工知能技術<ソロモン・テクノロジー>」に立脚し、様々な社会課題のソリューションをSaaSとして提供しています。

【会社概要】

  • 社名:株式会社アドダイス
  • 代表者:代表取締役CEO 伊東大輔
  • 住所:本社 〒110-0005 東京都台東区上野5-4-2  IT秋葉原ビル1階
  • SoLoMoN Labo 〒101-0021 東京都千代田区外神田6-3-6 MKビル3F
  • 電話:TEL 03-6796-7788(平日10:00~17:00)
  • 設立:2005年(平成17年)
  • 事業内容:人工知能を用いた業務管理サービスの提供・導入支援コンサルティング

HOME
Twitter
Facebook
YouTube

【お問い合わせ先】株式会社アドダイス
メール press@ad-dice.com
お電話 090-5524-0663(担当・伊東)

最新記事