1. HOME
  2. ソリューション
  3. SoLoMoNシリーズ
  4. Bee Sensing(ビー・センシング)

SoLoMoNシリーズ

ソロモンシリーズ

SoLoMoNシリーズ

Bee Sensing(ビー・センシング)

概要 OVERVIEW

Bee Sensing(ビーセンシング)は、養蜂業効率支援AIです。

蜂の巣箱は複数拠点・遠方に設置されることが多く、その状況確認は定期点検もしくはハチミツの回収時に限られていました。

反面、蜂は周辺環境の変化や伝染病などに弱いことに加え、蜂やハチミツの商品価値の高さは、時として盗難をも招くこともあり、巣箱の状況が常に把握できることが求められておりました。

Bee Sensing(ビーセンシング)は、携帯電話網を介し、巣箱に設置したセンサーから得られる温度・湿度のデータをクラウド上で処理・蓄積します。養蜂者は、スマートフォン上でそれらをリアルタイムで確認をすることができます。

これらのデータと養蜂者のチェック項目より入力した作業内容を組み合わせ、蓄積したものをAIが学習を重ねることで、様々な状況への対応を自律的に判断していくようになります。

また、養蜂者が暗黙知で行っていた作業を「見える化」することで、作業の振り返りを促し、より効率的に高い水準で業務を遂行することができるようになります。

さらに、養蜂の過程をミニブログ機能でアップすることも可能であるため、養蜂のストーリーを消費者と共有することで、ブランディング育成にも寄与します。

特長 FEATURES

飼育データをクラウド上に蓄積、リアルタイムで養蜂者に通知

Bee Sensingは、巣箱に取り付けたIoTセンサーによって、巣箱の温度や湿度、蜜蜂の健康状態などのデータを収集し、クラウド経由で送信。養蜂管理者が現場に足を運ぶことなく、手元のスマートフォンと専用アプリケーションで、簡単に現地の状況が即時に把握できる養蜂業支援AIです。

データの蓄積で暗黙知を「見える化」、養蜂業の効率化を実現

収集した巣箱のデータと、管理者のスマートフォンからの作業内容を深層学習技術によって蓄積。AIが養蜂ノウハウを学習しますので、経験則や感覚だけに頼らない、効率的な養蜂業運営を実現します。

活用シーン SCENE

●養蜂業

導入事例 CASE

(準備中)


さらに詳しい製品情報は、Bee Sensing専用サイトでご覧ください!

Bee Sensing 専用サイトはコチラ