ResQ 健康データボランティア・受付窓口

このたびは「ResQ健康データボランティア」をご検討いただき、誠にありがとうございます!
以下をご一読の上、フォームにご入力、送信ください。

新型コロナウィルスの感染拡大により、いま日本の医療体制は危機的な局面を迎えています。それは人々の生命・生存への大きな脅威であることは、間違いありません。

私達は、AIの力でこの危機を乗り切るべく、2021年早々のローンチを目指してAIの専門家、大学、医療機関などと連携し、医療AI「ResQ AI(レスキューAI)」の研究開発に全力で取り組んでいます。完成は、目前となっています。

しかしここへ来て、大きな壁にぶちあたりました。
AIを育てるための「データ」が足らないのです。このデータとは具体的には、体温や酸素飽和度などの健康に関するデータです。

当初、健康データは、全国の病院などから提供していただく予定でした、しかしここへきて、新型コロナウィルス感染拡大で各医療機関はひっ迫、データ提供への協力をいただくどころではない状況になっているのです。

もちろん、医療機関は命を救うことが最優先ですので、無理にお願いはできません。しかし健康データが足りておらず、「ResQ AI」を育てることが困難な状況になっています。

私たちが開発しているResQ AIは、「自律型AI」と言い…最初はまっさらの、生まれたての赤ちゃんのような無垢な状態であり、膨大なデータを与えることで学習してグングン育っていくAIです。健康データを取り込めば取り込むほどものすごい勢いで学習を進め、医療判断に貢献できるAIに成長します。

それはとりもなおさず、医療崩壊を食い止める一助となり、現場で奮闘している医療関係者の皆さんを助け、ひいてはひとりでも多くの命を救うことにつながります。

そこで皆さんのお力をお借りしたいのです。皆さんの健康データを、ご提供いただきたいのです。
またResQ AIの研究・開発のために、ご寄付をお願い致します。

寄付額は15000円です。ご寄付いただくと、2021年1月下旬(予定)、「ウェアラブルIoT」という腕時計型のデバイスをお送りします。

ウェアラブルIoTをつけて生活していただくと、体温、酸素飽和度などのデータが、「ResQ AI」に送信されます。もちろんデータは匿名化され、個人を特定することも、他に漏洩することもありませんのでご安心下さい。

その膨大なデータを解析することで「ResQ AI」が成長し、やがて多くの人々の健康と生命の安全に貢献する、医療AIとなります。

またウェアラブルIoTをお使いいただく中で、お気づきの点、ご使用感などをお寄せください。開発にフィードバックさせていただきます。

以上、上記の主旨にご賛同いただける皆様のご参加を、お待ちしております!

【ご注意事項】
◆ウェアラブルIoTのお届けは、2021年1月下旬以降となります。
◆ご寄付は、恐れ入りますがクレジットカードでの決済とさせていただきます。
◆ウェアラブルIoTの送料は、弊社が負担いたします。
◆お客様都合のご返品、キャンセルはお受けできません。あらかじめご了承ください。

ボランティア参加ご希望のかたは、以下からお名前とメールアドレスをお送りください。
準備が完了いたしましたら、登録メールアドレスにご連絡をさせていただきます。

ご応募いただき、ありがとうございました。
「ResQ健康データボランティア」に関するお問い合わせは、以下までお送りください。
info-scm@ad-dice.com